アモバンと併用禁忌・注意薬や、飲み合わせについて

アモバンの併用禁忌・注意薬のポイント

 

アモバンは副作用も比較的少なく、睡眠薬として広く使われている薬です。

 

しかし、アモバンを服用するとき、併用注意の薬が多くあることはご存じでしょうか。うっかりして他の薬と一緒に服用してしまうと、薬の効果が強烈になりすぎるなど、大変な事態を引き起こすことがあります。ここで徹底解説するので、チェックしておきましょう。

 

目次

 

併用禁忌の医薬品はある?

 

アモバンの場合、「併用禁忌」に指定されている医薬品はありません。なので、間違って併用禁忌の医薬品を服用してしまう心配はありません。

 

ただ、「禁忌事項」については、いくつか添付文章に書かれているので、事前の確認が必須です。

 

  1. アモバンの成分またはエスゾピクロン(ルネスタ)に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 重症筋無力症の患者
  3. 急性狭隅角緑内障の患者
  4. (原則禁忌)呼吸機能が高度に低下している患者

 

過敏症になったことがある人

 

アモバンには、過敏症や薬疹のリスクがあります。昔、アモバンでこの症状が出た人は、再度アモバンを服用するのは禁忌となります。

 

>>アモバンの副作用(過敏症・薬疹)

 

また、ルネスタ(エスゾピクロン)はアモバンと成分が非常に似た医薬品なので、ルネスタの過敏症既往歴がある人もアモバンの服用はできません。

 

重症筋無力症がある人

 

重症筋無力症がある人もアモバンの服用は禁忌です。アモバンの筋弛緩作用が症状を悪化させる可能性があるからです。

 

急性狭隅角緑内障の人

 

急性狭隅角緑内障の人もアモバンの服用はNGです。アモバンの抗コリン作用が原因で、眼圧を上げてしまう可能性があるため、症状の悪化を招くおそれがあるからです。

 

呼吸機能が高度に低下している人

 

アモバンには呼吸抑制機能があり、炭酸ガスナルコーシスの可能性があるため、肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害などで呼吸機能が弱くなっている人は「原則禁忌」となっています。

 

アモバンの併用注意薬をチェックしよう

 

アモバンには併用禁忌薬はありませんが、併用注意薬がいくつかあるので解説します。

 

中枢神経抑制剤(デパス、マイスリーなど)

 

アモバンの併用注意薬のなかで目立つのが「中枢神経抑制薬」です。アモバンも中枢神経抑制薬なので、かんたんに言うとアモバンと似た作用をもつものは併用注意ということです。もし併用してしまうと、眠気意識障害血圧低下などのリスクがあります。

 

ベンゾジアゼピン系 デパス、レンドルミン、ハルシオン、ユーロジン、ソラナックス、ロヒプノール(サイレース)、ワイパックス、ベンザリン、メイラックス など
非ベンゾジアゼピン系 アモバン、マイスリー、ルネスタ
バルビツール酸系 ベゲタミン、ラボナなど
抗ヒスタミン薬 アタラックス、ポララミン、アレジオン、アレグラ、ザイザル、クラリチン など
フェノチアジン誘導体 メチレンブルー、プロマジン、フルフェナジン など

 

↑の表は、中枢神経抑制薬の代表例です。抗不安薬のデパスやソラナックス、さらには睡眠薬の多くも該当しています。また、花粉症治療などで利用される「抗ヒスタミン薬」も中枢神経抑制薬なので、アモバンとの併用は注意となります。

 

この表以外にも中枢神経抑制剤はいろいろあります。もしアモバン以外に服用中の医薬品があるなら、医師にアモバンも服用していいのかどうかは聞いておきましょう。

 

あくまで併用注意であって、「禁忌」ではないので、例えば医師がアモバンとデパスを同時処方する可能性はあります。ただ、これは医師が必要と判断したからであって、自己判断で勝手に複数の中枢神経抑制剤を併用するのは避けたほうがよいでしょう。

 

CYP3A4阻害薬(エリスロマイシン、クラリスロマイシンなど)

 

アモバンは「CYP3A4」という代謝酵素で代謝されます。しかし、CYP3A4阻害薬は、CYP3A4の働きを阻害してしまいます。なので、これらの医薬品を併用するとアモバンの代謝が阻害されることになってしまいます。その結果、アモバンの作用を増強させ、血中濃度が異常に高まって依存性・耐性形成を早めてしまう恐れがあります。そのため、併用注意に分類されています。

 

とくにマクロライド系抗生物質の「エリスロマイシン」「クラリスロマイシン」は

 

おでき・とびひ・にきび・創傷・火傷・ひょう疽・鼠径リンパ肉芽腫・リンパ節炎・乳腺炎・骨膜炎・骨髄炎・扁桃炎・咽喉頭炎・気管支炎・気管支拡張症

 

などありとあらゆる炎症に利用されているほどメジャーな抗生物質となります。飲み薬だけでなく塗り薬等にも利用されているため、エリスロマイシンが入っていると意識せずに使用している人も非常に多いです。もし炎症治療で医薬品を使っているなら、ひとまずエリシロマイシンが入っていないかは確認しておいたほうがいいでしょう。

 

筋弛緩薬

 

スキサメトニウム(商品名:スキサメトニウム、アネクチン、クエリシンなど)、ツボクラリン、バンクロニウム

 

麻酔時の筋弛緩などの利用されています。処方されて服用することはあまり多くありませんが、手術などで麻酔する際に投与することになるので、事前にアモバンを服用していることを伝えておく必要があるでしょう。

 

一部の結核治療薬

 

リファンピシン

 

日本ではなじみの薄い結核ですが、今世界中で患者が急増しており、日本でもじわじわ広がってきています。そのため、一部の結核治療薬はアモバンとの相性が悪いことは知っておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

このように、アモバンの併用禁忌・併用注意薬は意外と広範囲に広がっています。特にエリスロマイシンは知らずに使っている例が非常に多いので、アモバンを服用する前に今自分が使っている治療薬についてはしっかり確認しておきましょう。

 

また、アルコール(お酒)もアモバンの併用注意の1つです。アモバンと併用して服用してしまうと、相互で睡眠作用が働いてしまい、次の朝にふらつき、物忘れ、眠気などの症状が出ることがあります。自動車の運転などをされる方は特に注意が必要です。

 

>>アルコールはNG|お酒とアモバンの相性は?

 

詳細は↑で解説しているので、一度ご確認ください。

 

利用されやすい医薬品との飲み合わせ

 

アモバンの併用注意薬については説明した通りです。しかし、「普段使っている医薬品との飲み合わせはどうなの?」ということが気になる人もいるはずです。

 

なので、ここでは利用されやすい医薬品とアモバンの飲み合わせを見ていきます。

 

風邪薬(パブロン・ルル・ムコダインなど)

 

不眠症・睡眠障害の治療中に、風邪を引いてしまうこともあるでしょう。そのため、アモバンと風邪薬を併用するタイミングもありえます。

 

医薬品名

効果

アスベリン

咳止め

アストミン

咳止め

フスコデ

咳止め

メジコン

咳止め

レスプレン

咳止め

アンブロキソール

喉の炎症を鎮める

エンピナース

喉の炎症を鎮める

 

ムコダイン

咳止め、痰切り、鼻づまり防止

 

↑は風邪薬として処方されやすい風邪薬の一覧です。なかでもムコダインは効く症状が多く使い勝手がいいのでよく処方されます。

 

これらの処方風邪薬と、アモバンの併用については一般的に心配はありません。アモバンの併用注意ではないので、同時服用も可能です。ただ、風邪薬の中には眠気の副作用が出るものがあるので、「アモバンを服用中です」ということは医師に伝えておきましょう。

 

 

注意しないといけないのが、市販の風邪薬を自己判断で使うケースです。パブロン・ルルなどの市販薬には、鼻止めとして眠くなる成分が入っている場合があります。こうした薬は、アモバンと睡眠効果を相互に高めてしまうことがありますので注意が必要です。

 

具体的には、抗ヒスタミン成分の「d-クロルフェニラミン」や「マレイン酸カルビノキサミン」となります。鼻水・鼻づまりをとる作用がありますが、中枢神経を抑制するので眠気等も強く出ます。なので、仕事や用事がある場合はアモバンとの併用は避けたほうがいいでしょう。市販薬の箱の成分表を見てこれらの成分が入っているものを使わないようにすればOKです。わからないときは、薬局の店員に聞いてみましょう。

 

胃腸薬(ムコスタ、ガスター、ビオフェルミンなど)

 

胃腸薬のお世話になっている人はたくさんいます。アモバンを服用している場合、なんらかのストレスや不安を抱えているケースも多いことから、余計に胃腸の調子が悪い人も多くなっているでしょう。

 

ムコスタ、ブスコバン、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム、ビオフェルミン など

 

胃腸薬として利用頻度が高いのは↑のものになります。「これ、飲んでるやつだ」と言う人もいるかもしれません。

 

まずアモバンとの併用についてですが、基本的に問題ありません。併用注意リストに胃薬はないので、同時服用は可能です。

 

マイスリーの副作用として消化器系の症状が出る人の場合、胃腸薬が併せて処方されるケースもあるでしょう。そのため、むしろアモバンと胃腸薬の飲み合わせは良いほうです。

 

ただ、胃腸薬にもいろいろあるので、てきとうに「家にあるやつを飲んでおこう」というのはNGです。例えば、食べ過ぎに対して胃酸を抑える薬は逆効果となるように、きちんと症状に合ったものを選ぶ必要があるからです。もし適切な胃腸薬がわからないなら、医師に相談してみましょう。

 

解熱鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン・バファリンなど)

 

頭痛や生理痛を持っている人の場合、解熱・鎮痛剤が手放せないというケースもあります。解熱・鎮痛剤としては、NSAIDsと呼ばれる分類の医薬品が有名です。

 

ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ポンタール、インドメタシン

 

NSAIDsとしては↑の医薬品が代表例です。ロキソニンやアスピリン(バファリン)、イブプロフェン(イブ)など、広く市販されているものも含んでいます。

 

まずアモバンとの併用についてですが、注意に指定はされていません。なので、併用によってお互いの効果を消すなどの事態にはなりません。

 

とはいえ、「飲み合わせ」と言う意味ではそれほどよくはありません。なぜなら、アモバンとNSAIDsには、両方とも消化器系の副作用が認められているからです。

 

>>アモバンの消化器系副作用症状

 

アモバンの消化器系副作用については↑で紹介していますが、ロキソニン、ボルタレンなどのNSAIDsにも胃痛などの症状があるのは有名な話です。

 

そして重要なのが、アモバンとNSAIDsの消化器系の症状は、原因が異なるということです。

 

アモバン 抗コリン作用により、副交感神経が遮断されてしまう。
NSAIDs プロスタグランジンの減少により、胃の粘膜保護機能が低下する。

 

↑がそれぞれの症状の原因ですが、別物となっています。そのため、同時に起こるケースもあるのです。そのぶん、胃が荒れたりなどのリスクは高くなります。

 

なので、まず最低限の対処法として、医薬品の用法・用量は必ず守りましょう。ロキソニンなどのNSAIDsは食後に服用するルールがあるので、厳守します。

 

そして、胃腸薬を服用するのもアリです。ロキソニンが処方される場合、たいていは胃腸薬が同時処方されますが、それはロキソニンが胃を荒らしやすいからです。アモバンとの併用時に消化器系症状がつらいようなら、医師に相談して胃薬を出してもらいましょう。

 

その他の医薬品(ピル、抗生物質、ワーファリンなど)

 

ピルや抗生物質なども、アモバンと併用になりやすい医薬品なので、飲み合わせをみていきましょう。

 

種別

代表医薬品

概要

ピル

トリキュラー、ダイアン、ヤスミン、アイピル

併用は問題なし。消化器系の副作用の重複に注意

抗生物質

フロモックス、メイアクト、クラビット、ジスロマック

併用注意指定以外の抗生物質は、併用は問題なし。消化器系の副作用の重複に注意

ワーファリン

ワルファリン

併用は問題なし。

 

↑は各医薬品とアモバンの併用についての一覧です。ピル、ワーファリンについては、併用については問題ありません。抗生物質も、エリスロマイシン、クラリスロマイシンといったCYP3A4阻害薬以外はOKです。アモバンを服用していることを医師に伝えておけば、併用することはないでしょう。

 

併用注意や飲み合わせのまとめ

 

まずチェックしておきたいのが、アモバンの併用注意薬です。

 

  1. 中枢神経抑制剤(デパス、マイスリーなど)
  2. CYP3A4阻害薬(エリスロマイシン、クラリスロマイシンなど)
  3. 筋弛緩薬
  4. 一部の結核治療薬

 

↑がその一覧となります。これらの医薬品は自分の判断で併用するのはダメで、必ず医師の診察のもと決める必要があります。

 

また、風邪薬や解熱・鎮痛剤などとアモバンの飲み合わせについてですが、

 

  1. 眠気
  2. 消化器系副作用

 

上記2点のポイントについて注意しつつ併用するようにしましょう。

 

なお、併用で注意したいことがもう1点あります。それは、「医薬品は肝臓や腎臓で代謝される」ということです。

 

なので、併用する医薬品の数が増えれば増えるほど、肝臓や腎臓に負担がかかっていくということになります。

 

アモバンとどんな医薬品を併用するにしても、肝臓・腎臓への負担は意識しておくべきです。健康診断で肝臓・腎臓の数値が悪かったり、なんらかの障害が出ているときは、併用がOKかどうかは医師に相談しましょう。