アモバンの大量摂取(od)をしたらどうなる?致死量は?

アモバンの過剰摂取をするとどうなるの?

アモバンには「耐性がつく」という特性があり、長期間連用しているとだんだん物足りなくなってくる可能性があります。そうして服用量を増やしてしまうと、だんだん「このまま大量服用していていいのだろうか?」という不安が出てくるかもしれません。

 

ここでは、アモバンの大量摂取(od)がどんな影響を及ぼすのか、どんなデメリットがあるのかを説明します。

 

アモバンの致死量はどのくらいなの?

医薬品の致死量は、LD50(半数致死量)という指標で提示されています。つまり、「これだけの量を飲むと、半分の確率で死亡します」という意味です。

 

アモバン(ゾピクロン)の人間でのLD50は正確なデータがありませんが、動物実験によって以下のことが分かっています。

 

アモバンの半数致死量(1錠10mgとした場合)

ネズミ 100錠程度
1000~4000錠程度(体重による)
ネコ 1500錠程度
サル 3000錠程度

 

以上の結果から考えると、人間はこれらの動物に比べて体重が重いので、5000錠程度が半数致死量となるでしょう。5000錠は用意できませんし、用意したとしてもそんなに飲むことはできないので、アモバンの大量摂取によって致命的な状況になることは考えにくいということができます。

 

ただ、これはあくまで半数致死量なので、仮に服用数が100錠程度だとしてもわずかに死亡率はあります。そのため、運悪く死に至ってしまう可能性はあるので、大量摂取はNGというのは変わりませんのでご注意ください。

 

大量摂取(od)のリスクは?

すでに解説したように、アモバンに関しては、30錠程度を一気に飲んだとしてもほとんどの場合には死に至ることはないと言われています。

 

ただしそれでも、大脳の働きに影響が出てくるのは確かなことです。ですから意識の混濁が発生したり、意識を失ったしまったりすることが考えられます。また大脳は呼吸や循環器系の働きも司っているので、それらに対しての影響が出てくることも考えられます。呼吸に対しては呼吸困難、循環器系に対しては全身の循環不全などが挙げられます。

 

さらににアモバンなどの睡眠薬には依存性があります。よって一度に大量摂取することで、依存症のような状態に陥ってしまう場合もあります。このような状態を想像するには、アルコールを過剰に摂取した場合を想像するのがよいでしょう。

 

アルコールにもまた中枢神経抑制作用があり、なおかつ依存性があるためです。つまり急激に強い酔いに見舞われ、なおかつ強い二日酔い状態になると言うと想像しやすいかと思われます。

 

先ほどアモバンの半数致死量は5000錠程度と書きましたが、それではこの量を目指して毎日、大量摂取し続けたとするとどうなるでしょうか?すると先で説明したような症状が少しずつ出てきて、命に危険が及ぶ可能性は極めて低いが、日常生活をいつも通りに送るにはあまりにも辛い状況に陥ります。その結果、薬物依存に近いような状態の後遺症が出たり、体のあちこちに違和感や痛みなどが発生することが多くなります。そこで初めて後悔したとしても依存性が強い薬であるが故に、そこから脱すると言うのは難しいことです。よってアモバンの大量摂取には、リスクばかりでメリットは何ひとつないと言うことができます。