アモバンとコーヒーなどのカフェイン摂取はOK?タバコは吸っていい?

コーヒーなどのカフェイン摂取はOK?タバコは吸っていい?

アモバンとコーヒーの相性はよくありません。というのも、コーヒーにはカフェインが入っており、強い覚醒作用があるため、アモバンの効力を弱くしてしまう可能性があるからです。

 

その結果、一般的な量のアモバンでは眠くなりにくくなって、服用量を増やしてしまい、依存性を高めて、アモバン断薬時の離脱症状を強めてしまうリスクがあるのです。

 

>>アモバン【副作用解説!離脱症状を抑えるには】

 

「アモバンを飲んでいるが、どうも効果がない」という人の中には、実は夜にカフェインを取っていたからなんてケースもあるほどです。実はカフェインが効きやすい体質で、でもそれに気づかずにコーヒーを飲んでいて眠れず、本来はコーヒーさえ飲まなければ別にアモバンも必要なかった、なんて人も多いのです。

 

したがってアモバンを服用している間はコーヒーを飲まないのが理想的ですが、あまりにもコーヒーが好きで、飲まないことがストレスになるという場合は以下の点に注意してください。

 

コーヒーは午前中だけにとどめる

カフェインの覚醒効果の持続時間は7~15時間と言われています。これには個人差がありますが、少なくとも半日程度は持続すると考えたほうがよいでしょう。

 

したがって、毎日0時に寝るのであれば、コーヒーを飲んでいいのはその12時間前の正午までと決めたほうがいいです。朝の眠気覚ましとか、昼食後の一服程度にとどめて、午後以降は一切カフェインを取らないようにしたほうがいいです。

 

寝る寸前に飲むようにする

カフェインは効き始めるまでに30分程度かかると言われています。アモバンは15分~1時間程度で効きはじめますから、アモバンを飲むタイミング次第では眠気の方が早くきます。その間に寝てしまえば、コーヒーのカフェインの影響を受ける前に入眠できる可能性が高いです。

 

ただ、この方法にはリスクがあって、何らかの理由で寝つけなかったとき、その間にカフェインが効き始めて、朝までまんじりともできないということもあり得ます。結構リスキーなので、できれば避けたほうがよい方法でしょう。

 

カフェインが入っているのはコーヒーだけではない

カフェインと言えばコーヒーというイメージがありますが、実はコーヒー以外にもカフェインが入っている飲料はたくさんあります。

 

  1. 緑茶
  2. コーラ
  3. 烏龍茶
  4. 紅茶

 

これらの飲料には、コーヒーほどではないにしろカフェインが入っており、飲むことで覚醒効果が発揮されます。特にコーラは要注意で、カフェイン含有量は少なくても、多くの量を飲むことが多く、覚醒効果が出やすい飲み物となります。

 

当然、コーヒーと同じく、アモバンを服用中は午後以降は飲まないようにしたほうがいいでしょう。

 

タバコもできれば避けたい

タバコに入っているニコチンには覚醒作用があるので、アモバンの睡眠作用を打ち消してしまう可能性があります。なので、理想としてはアモバンの服用中は吸わない方がいいです。

 

ただ、コーヒーと違ってタバコには強い依存性があるので、「じゃあ、今日からやめます」とはなかなかならないでしょう。

 

幸い、覚醒作用という面だけで言えばニコチンの覚醒作用の持続時間は短いので、アモバンを服用する1時間前、つまり寝るまでの1時間タバコを控える程度で効果の打消しはある程度避けることができます。

 

もちろんタバコ自体が体に悪いのは言うまでもないので、やめたほうがいいのですが、アモバンとの併用という意味ではそれほど意識する必要はありません。