アモバンはドーピング扱いにはならない

アモバンがドーピングに引っかかることは今のところない

 

例えば「アナボリックステロイド」等の筋肉増強剤など、飲むと運動競技においてドーピングと見做されて失格になってしまう薬品があります。もちろん選手側が悪意を持って行う場合もあるでしょうが「自分が飲んでいる薬に禁止成分が含まれている事を知らなかった」という場合もあります。

 

睡眠剤のアモバンはドーピング検査には引っ掛からないように思えますが、さてどうなのでしょうか?

 

参考ページ:アンチ・ドーピングガイドブック - 日本薬剤師会

 

利用可能薬品例一覧(アンチドーピングガイドブックによる)が上記となります。きちんと「アモバン」の名前があるため、「ドーピングには該当しない」と明言されているという事です。アモバンを飲んでいても運動競技に参加しても大丈夫であるという事ですね。当然検査で弾かれる事もありません。

 

禁止薬物リストの調べ方

 

繰り返しになりますが、禁止薬品にはアモバンは該当しません。運動の質がダウンしてしまう可能性はありますが、ドーピングテストで引っ掛かる危険性はありません。

 

ですが、ドーピングテストの基準(=何を禁止薬品とするか)は変わり続けていますので、この先どうなるのかは分かりません。それでもアモバンが禁止薬品となる事はまずないでしょうが、他の薬品についてはどうなるか分かりませんので、他にも薬を飲んでいる人は常に最新の情報を仕入れておくようにしましょう。

 

様々なリサーチ手段がある中で、最も信用できるのが「WADA(世界アンチ・ドーピング機関)」の最旬リストを見る事です。最旬の「禁止リスト(Prohibited List)」をWADAのオフィシャルサイトでチェックする事が可能です。

 

参考ページ:WADA公式サイト

 

 

成分名称としてのアモバンは「ゾピクロン」、英語圏のサイトですから「Zopiclone」で検索を行ってみましょう。

 

 

現状、検索を行っても引っ掛からないので、アモバンは禁止薬品ではないという事が言えます。

 

そして、例えばドーピング検査に引っ掛かる薬として知名度の高い「ラシックス(フロセラミド)」は同じように調べると上記のように当然引っ掛かります。

 

 

飲んでいる薬がアモバンだけであれば心配はいりませんが、そうでないのなら他の全部の薬についてドーピング扱いになるのか否かチェックしておくべきだと思います。