アモバンを子供や高校生が服用してもいいの?

アモバンを小児(小学生や中学生)や高校生が服用してもいい?

 

子供は睡眠障害や不眠症にはならないというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際には睡眠障害や不眠症になってしまっている子供は案外多いです。

 

ですので「アモバンを子供に摂取させてもいいのか」という事が気になっている人も多いと思います。ここでは、アモバンを小中高生が飲んでも良いのかという事を見ていきましょう。

 

アモバンは小児へは処方されない

 

アモバンの添付文書には↓のように書かれています。

 

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。
参考ページ:アモバン添付文書

 

15歳未満の子供事を指して「小児」と言います。つまり、中学生以下は基本的にアモバンは出されないという事が言えます。出されないわけですから、飲んだ時にどのような状態になるのかは予想が付きません。もちろん、飲む事自体厳禁です。

 

アモバンは高校生以上(小児以上)になれば、出される事もあります。ただ、睡眠剤や抗不安剤は高校生程度まではあまり出されないので、「効き目の激しい睡眠剤などは高校生程度までは飲まない方が良い」という説が有力です。

 

睡眠剤は大学生にもなればそれ以上の年齢層と同じように出されるようになりますが、アモバンはそれ以下の年齢層の人の場合は基本的に飲んではいけないという認識でいるべきだと思います。

 

小児が使える睡眠薬とは?

 

アモバンは小児(15歳未満)までは飲めませんが、市販の睡眠剤導入剤程度ならば飲んで良い場合もあります。

 

商品名

服用可能年齢

種別

安脳丸

4歳以上

漢方

ナビゲート顆粒

2歳以上

漢方

レスティ錠

5歳以上

漢方

宇津救命丸

全年齢

漢方

※睡眠導入剤「ドリエル」は15歳以上服用可

 

いずれも不眠症に効く漢方薬ですから、子供が寝付けなくて悩んでいるのであれば使わせてみるのも良いと思います。

 

ちなみに、子供の不眠の原因は

 

  1. 生活習慣の乱れ
  2. ストレス

 

のどちらかである場合が大半です。ストレスを発散させたり、夜更かしを避けさせたりして生活習慣を整えるなどして、睡眠障害自体を治していく事が大事です。

 

子供がアモバンを誤飲したら?

 

また、家族がアモバンを使っている場合は、誤って子供がアモバンを摂取してしまう恐れがあります。年端もいかない子供がアモバンを飲むと効き目が強く出過ぎて、だるくなったり、ふらついたり、めまいに襲われたり、強い眠気に襲われて眠ってしまったりする恐れがあります。

 

しかし、だからといって間違って飲んでしまった場合に、無理矢理吐き出させるのはNGです。そうしてしまうと、食道に胃酸よるダメージが及んでしまう恐れがあります。子供の場合でも1錠や2錠くらいであれば、生命を脅かす事はまずありません。副作用で体調を崩してしまったようであれば安静にして回復させてあげればそれでいいですし、眠気が強く出ているのであれば寝かせればいいだけです。ただし、翌日にも体調がすぐれない場合は、医療機関に出向くようにしましょう。

 

そしてもしも、目覚めさせようとしても意識が無かったり呼吸が乱れていたりする場合は、即座に救急車を呼んだり、医療機関に駆け込んだりするようにしましょう。