アモバン服用中の献血はしてもいい?

アモバン服用中の献血はどうなの?

 

献血は飲んでいる医薬品のタイプ次第で行えない場合がありますが、アモバンを飲んでいる際はどうなるのでしょうか。

 

アモバンは前日までの服用なら献血問題なし

 

献血が行えるのか否かに関しては、3タイプの区分が存在します。

 

  1. その日に飲んでいても献血可能な医薬品
  2. その日の飲んでいない場合は献血できる医薬品
  3. 飲むのを中断してから3日以上過ぎている場合は献血できる医薬品

 

抗不安剤や睡眠剤については、上記の「2」に当てはまります。睡眠剤に当てはまるアモバンは、前日までは飲んでも良いという事になります。

 

朝方に飲んでおかなければならない医薬品に関してはその日に飲む事になりますから、現実的には献血が行えなくなるはずです。ですが、アモバンは殆どのケースで寝る前(1日前)に飲む事になるので、次の日の昼間以降には献血ができる可能性が高いです。

 

ただ、体調も判断材料になりますから、翌日であっても強い眠気が残存しているなどの場合は献血が行えない可能性もあるので把握しておきましょう。もちろん、事情があってその日の内にアモバンを飲んでいるのであれば、当日中は献血は行えません。

 

他の医薬品も服用しているケースは?

 

アモバンだけを飲んだのであれば、基本的に次の日には献血が行えます。ですが、実際にはアモバンと共に別の医薬品を飲んでいる可能性も高いと思います。一例として、抗鬱薬によって、鬱病や鬱状態の治療を並行して行っているという場合も多いはずです。

 

  1. 抗精神剤、抗うつ病
  2. 抗菌薬、抗真菌薬、
  3. 抗結核薬、抗ウイルス薬
  4. 当日症状がなく治癒している場合
  5. 止痢剤
  6. 喘息治療薬
  7. 痛風発作治療薬
  8. 事後に服用するピル(中用量ピルを含む)
  9. 花粉症治療薬
  10. .ステロイド系抗アレルギー薬(セレスタミン、アプシラジン等)
  11. 市販風邪薬

 

↑は「飲むのを中断してから3日以上過ぎている場合は献血できる医薬品」です。基本的に抗鬱薬は毎日飲む事になりますから、ほぼ献血は行えなくなるものと考えておきましょう。

 

ですから、アモバン以外の医薬品も一緒に飲んでいるのであれば、献血が行えなくなる可能性があるという事を忘れないようにしましょう。