アモバンの服用によって性欲やセックスは変わる?

アモバンを服用することによる性欲・セックスの変化

 

アモバンは性的な面にどのような影響を与えるのでしょうか。気掛かりな方は案外たくさん存在するのではないかと思います。

 

副作用で性欲が落ちる場合はある?

 

まず心配になってくるのが「性欲が落ちる」という副作用があるのではないかという事だと思います。実際、生理不順・勃起不全・性欲低下など性的な副作用が出る場合がある医薬品も存在します。

倦怠感 0.1~1%未満

参考ページ:アモバン添付文書

 

アモバンの添付文書には上記のような記載があり、「倦怠感」という副作用がある事が分かります。倦怠感が出る、だるいという状態になるわけですから、当然性欲も落ちやすくなるでしょう。アモバンの影響で性欲が低下する場合があるという事になります。

 

ただ「0.1~1%未満」という事ですので、発生率は1パーセントにも満たないはずです。とはいえ、数百名に一名くらいは性欲がダウンする場合があるという事にはなります。

 

セックスがどう変化するかは個人差がある

 

性欲ダウンという副作用が生じ得る事は確かですが、極稀なので、ほとんど気に掛けなくて良いと思います。ただ、アモバンの効果自体の影響で、性欲がどう揺れるかは個々人でバラバラです。

 

まず、アモバンのお陰で不眠症が治って日中に精力的に動けるようになり、その影響でセックスについて積極的になる、という可能性はあります。また、アモバンは抗不安効果も少しですが有しています。ですから、精神的な原因よる勃起不全に見舞われているのであれば、アモバンによって原因が取り除かれて勃起不全がそれなりに軽減される場合もあります。

 

反面、日中にだるさや眠気に見舞われてしまって、セックスへの意欲が恐れてしまう場合も当然あります。そのせいであまりにも困るのであれば、アモバンを飲むのは止めた方が良いかもしれませんから、医療機関に相談を持ち掛けるようにしましょう。原則、医薬品をチェンジして経過を見守る事になるはずです。

 

結局、セックス関連にどのような影響が及ぶのかは人それぞれバラバラであると言えます。ほとんどの場合、副作用関連でセックスに影響が及ぶと考えておきましょう。ですから、どんな種類の副作用が出得るのかは事前にきちんと抑えておくようにしましょう。

 

>>アモバン【副作用解説!離脱症状を抑えるには】

 

上記でアモバンの副作用に関して深く紹介していますので、ぜひ確認してみて下さい。